レイクで借り入れ〜増額〜

増額にも審査がある?

レイクの利用を始めてしばらくすると考え出すのが「増額」ではないでしょうか?
毎回必要な金額だけを借り入れているとしても、
返済が終わらないうちにお金を借りなければならない状況が起きることは多々あります。

 

レイクで増額審査で調べられる事
  1. 契約から6か月以上経過しているか
  2. 信用情報のチェック
  3. 現在の収入チェック

 

増額審査は申込時に行った審査とほぼ変わらない内容が扱われるという事を知っておくと良いでしょう。
ですから個人情報、勤務先情報、信用情報などが再びチェックされます。

契約期間チェック

レイクで増額できるのは契約から6カ月以上経過した人だけです。
これはレイク側が利用者の事を信用できる方かどうかを見極めるために必要な期間と言われています。

 

信用情報

信用情報もまた必ずチェックされます。
クレジットカードの支払い、携帯電話料金の支払いや携帯電話本体の割賦払い、他社借入の返済などが滞りなく行われていることが重要です。
3か月以上の延滞情報が確認されると審査に落ちますので普段から気を付けておきましょう。

 

すでに借入額が高額になっていて他で増額申請をすると審査する金融機関は
「他社の借入返済のために増額している」と考え、申込者の返済状況を危惧し、
自分の所の返済が滞ってしまったらこまると判断し、審査で落とすという結果になる可能性が非常に高くなります。

 

現在の収入チェック

さらに申込者の収入をチェックします。
最初の申し込みの際にももちろん考慮されて、まずその限度額自体が申込者の収入に応じて設定されています。
その限度額以上を借り入れたいとなると、それ以上の収入が必要になるため、
現在の申込者にそれ以上の限度額を設定できる収入があるのかが再度審査されます。
最初の申込時よりも収入がアップしていないと、審査を通過するのは難しいと考えておくと良いでしょう。

 

収入をチェックする上で、在籍確認を再び行われます。

 

 

レイクで増額するコツ

 

レイクからの増額連絡

レイクでは自動的に増額をお勧めする事があります。
レイク会員ページやATMを利用する際の画面に「増額可能額」という表示が出ることがありますが、それがそうです。
この画面が出た場合には増額は難しいことではありません。
また、増額審査を受けることができるという案内が来る場合もあります。
これもレイク側から通知が来るものですが、先ほどとの違いとしては具体的な金額が提示されていないという点です。
しかし、この通知が来るという事はレイクから見てとても良い顧客という事になります。
これを見て増額する場合、限度額を少し上げる程度の希望であれば、増額審査を通過する可能性はとても高いと考えることができます。

 

 

増額審査を行う前には個人情報を最新のものにしておきましょう。

 

最初に申し込みをしてから、連絡先、住所、勤務先などの情報に変更が生じていないでしょうか?
最初の申込時から変更が生じている個人情報などがあればそれをレイクに連絡しておくという事が大事です。
。もしこれを行わずに増額審査を申し込んだとすると、審査中にレイクは申込者の情報の違いに気づきます。
そして、そうした情報の違いがあると、申込者の信頼性が下がり融資そのものに消極的になる可能性があります。
ですから審査前に自分の状況についてレイクに連絡しておくことはとても重要なので確実に行っておきましょう。

 

増額審査を行うにあたり収入証明書を準備しておくと良いでしょう。

 

レイクでは100万円を超える限度額の場合に必要になります。

利用できる書類

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書
  3. 納税通知書
  4. 所得証明書

いずれも前年度分のものを提出する必要があります。

 

これらの提出が難しい場合、
直近3か月分以内の連続2か月分の給与明細書を提出することもできるようです。
本人確認書類も必要です。
運転免許証やパスポートなどの有効期限を確認し、期限が切れてないか見ておきましょう。

 

レイクなどの増額審査の結果

 

  • 増額審査をしたのに限度額が最初より低くなる
  • 利用停止になる

 

支払い能力や返済状況を再審査した結果、今の限度額が高すぎると判断されたり、
利用停止せざるを得ないと判断されてしまうリスクがあるわけです。

 

「増額できなかった」で済まない可能性があるという事をよく考慮してから増額申請を行うようにしましょう。